2008年05月10日

『バスキア』〜BASQUIAT

『潜水服は蝶の夢を見る』 のジュリアン・シュナーベル初監督作品、
ということでバスキアってどんな絵を描くのかも知らずに観ました。




 N.Y.のストリート・アーティストから、有名アーティストへ。
 アンディ・ウォーホールにも認められ売れっ子になるも
 27歳でこの世を去った画家ジャン・ミシェル・バスキアの生涯を描く。


有名になっても避けられない人種差別、薬物依存、孤独、自由な発想。
表現する人がいて、その価値を発見する人がいて、お金を出す人がいる。
この華やかでいて、厳しいアート界を垣間見られます。

観た後から知ったのですが、ジュリアン・シュナーベル役がゲイリー・
オールドマンだそうで、彼の家がまた見事。大きな両開きの重そうなドア。
何もないアトリエ?で娘とダンスする彼。
この時代のアーティストの中では、薬物にも溺れず、家族を大事にしている
彼は珍しい存在だったのでは。

それにしても豪華なキャスト!!!
ベネチオ・デル・トロ、 デニス・ホッパー、ゲイリー・オールドマン、
クリストファー・ウォーケン、ウィリアム・デフォー。
そしてアンディ・ウォーホール役にディヴィッド・ボウイ〜♪
こんなメンバーが一作品で揃ってみられるなんて贅沢〜。

音楽も良いです。ラスト、ジョン・ケイルの「ハレルヤ」が悲しくも
美しく心に残ります。



posted by *タンタン at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | * シネマ & Books * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96295612

この記事へのトラックバック
【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。