2008年03月16日

『潜水服は蝶の夢を見る』/ Le Scaphandre et le papillon

その映画が好きかどうかは、オープンニング・クレジットで
決まったりします。 




<音楽+フォント+α>
オープニングの音楽と背景にこの作品のセンス、遊び心、主人公
ボビーの人柄が感じられて始めから引き込まれました。
公式HP

 ファッション雑誌「ELLE」の編集長、ジャン=ドミニク・ボビー。
 仕事、女性、旅、と人生を謳歌していた42歳が、突然脳梗塞で倒れ、
 全身マヒに。
 唯一、動かせる左目のまばたきによって、自伝を書きあげた
 実在の人物の映画化。

まるでポラロイド写真のような柔らかな光の映像がとてもキレイです。
身体が動かず片目だけから見えるボビーと同じ視界。
涙ぐむ時に、かすれる映像。

意思、知力はそのままなのに突然、身体的自由を奪われた状態=
「ロックト・インシンドローム」

劇中、ハイジャックに遭い、4年間人質になっていたという
知人の「人間性にしがみつけば生きていける」という
言葉が心に残ります。
以前見た『パピヨン』 『ショーシャンクの空に』など無罪なのに
獄中生活を強いられた人とも重なりました。
「ネルソン・マンデラは獄中にあっても、ネルソン・マンデラだった」
とも聞いたことがあります。

ボビーは身体的自由を失い、絶望の中から自由にはばたける蝶の視点を
見いだします。
場所、時さえも超えて豊かな想像力と記憶力でボビーにしか
見られない世界が見えるようになり、回りの愛する人達とも
繋がっていられる。

重病ものにもかかわらず、おしつけがましくなく、
家族の絆を表しているのに夫婦の愛情物語ではないところが
フランス的なのでしょうか。

ボビーと言語療法士、編集者との地道なコミュニケーション法で
本を書き上げた奇跡のような出来事とエンド・クレジットが
重なり、すがすがしい余韻が残りました。
もう一回観たい♪と思ったのですが、MOVIXは上映終了。。。
上映館は少なくなっているので、未見の方はお急ぎください!

       *  *  *

子供達の母役のエマニュエル・セニエ。この特徴のある顔、
どこかで見たことがあると思ったのに思い出せなかったのですが
『フランティック』『ナインスゲート』の謎の美女でした。
作品中の歌 " Don't kiss me goodbye " は、彼女が歌っています。

言語療法士のマリ=ジョゼ・クローズ。
ナオミ・ワッツ似のとってもきれいな人。
『みなさん、さようなら』『ミュンヘン』に出演しているようので
次回レンタル決定です。

さっそく原作も読みました。



まばたきだけで、単語をたどっていくこのコミュニケーション法。
ボビーの友人たちは、みんなトライするのですが、
どうも女性の方が得意だとか。う〜ん、わかる気がする。
映画の中にも男性の友人がアルファベットを読み上げるのに下を
向いていて、自分のまばたきに気がつかず、「俺の顔をみてくれ」
とぼやくシーンがあり、笑ってしまいました。

また、子供達の母である女性とは倒れるずっと前から別れていた
とのこと。
それにしても、女性として辛いシーンがありました。。。

この映画が普通のドラマ調にならなくて本当に良かったと思いました。
イメージ(映像)が原作の持つセンスにぴったり。
映画を観てから原作、オススメです。

posted by *タンタン at 12:36| Comment(4) | TrackBack(14) | * シネマ & Books * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました!

>病ものにもかかわらず、おしつけがましくなく、家族の絆を表しているのに夫婦の愛情物語ではない
本当に、そういうところが良かったですね〜。
邦画などはすぐにお涙頂戴に走るし、夫婦愛にもって行きたがりますものね。
妻の前でも愛人に「会いたい」というシーンはかなり辛いものがありましたが・・・。
Posted by ミチ at 2008年04月15日 08:31
ミチさん、こんばんは。

しめっぽくないのがいいですよね。
でもボビー目線で、涙で視界がかすんでしまうカメラの撮り方とか、控えめながらも気持ちが伝わってきました。

そういえば、あの病院や海は風が強かったですよね。
女性達のワンピースがひらひらしていて。。。
ボビーはあの風を感じられたのかな、と今ふと思いました。
Posted by *タンタン at 2008年04月16日 22:43
TBありがとう。

>ポラロイド写真のような柔らかな光の映像がとてもキレイ

僕も軽い症状がありますが、あのポロライドのような視覚は、白内障のそれと似た感じかなと思います。
視野が少し狭くなり、白濁気味で、光が眩しく感じるんですね。

Posted by kimion20002000 at 2008年08月06日 02:41
こんばんは。
コメントありがとうございます。

そういうところまで考えられていたのでしょうか。
きっと身体もきつかったでしょうにユーモアを持ち続けて生きた彼。
改めて素晴らしさを感じました。
Posted by *タンタン at 2008年08月07日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『潜水服は蝶の夢を見る』
Excerpt: 監督:ジュリアン・シュナベール CAST:マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ 他 第60回カンヌ映画祭 監督賞他受賞 第65回ゴ...
Weblog: Sweet*Days**
Tracked: 2008-04-12 06:53

『潜水服は蝶の夢を見る』
Excerpt: (原題:Le scaphandre et le Papillon) 「いやあ、久しぶりに見応えある映画を観たね」 ----そうニャの。 これってよく分かんないタイトルの映画だよね。 ある意味、アスミ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2008-04-12 11:42

映画「潜水服は蝶の夢を見る」を観ました、2008年 8本目
Excerpt: 製作年 : 2007年 製作国 : フランス=アメリカ 実話です。感動!すごい映画です☆ おすすめ度120%。 「ELLE」の元編集長が突然、脳の病気で倒れてしまう。 3人の子供との生活、バリバリ..
Weblog: Aspiring Bobby-dazzler Starlet
Tracked: 2008-04-13 00:36

潜水服は蝶の夢を見る TIFF鑑賞記その4
Excerpt: マチュー・アマルリック セザール賞主演男優賞おめでとう♪
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2008-04-13 17:41

潜水服は蝶の夢を見る
Excerpt: 突然、脳梗塞で全身が麻痺してしまった男が 唯一動かせる左目の“まばたき”で綴る 記憶と想像力の世界。 まるで潜水服を身に纏っているかのような 不自由な体でも その世界では蝶々となって羽ばたくことが..
Weblog: 嘘職人たち
Tracked: 2008-04-14 21:58

映画 【潜水服は蝶の夢を見る】
Excerpt: 映画館にて「潜水服は蝶の夢を見る」 ファッション誌ELLEの編集長だったジャン=ドニミク・ボビーが20万回の瞬きで綴った自伝小説の映画化。 おはなし:1996年、42歳のジャン=ドミニク(マチュー..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2008-04-15 08:27

映画『潜水服が蝶の夢を見る』劇場鑑賞
Excerpt: 約1ヵ月ぶりに映画館に行きました。ずーっと観たい!と思っていた映画、『潜水服は蝶の夢を見る(原題:LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON/THE DIVING BELL AND T..
Weblog: 蛇足帳~blogばん~
Tracked: 2008-04-16 20:31

潜水服は蝶の夢を見る
Excerpt: 雑誌ELLEの編集長、42歳のジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)は、 ドライブ中に突然脳梗塞で倒れてしまう。 病室で目覚め...
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2008-04-21 00:08

ELLE元編集長の闘病記、ジョニー・デップで映画化、のはずが
Excerpt: 「キングス&クイーン(DVD)」で好演をみせたマチュー・アマルリック(Mathi...
Weblog: パリノルール blog
Tracked: 2008-06-30 09:47

ELLE元編集長の闘病記、ジョニー・デップで映画化、のはずが
Excerpt: 「キングス&クイーン(DVD)」で好演をみせたマチュー・アマルリック(Mathi...
Weblog: パリノルール blog
Tracked: 2008-07-24 11:53

mini review 08316「潜水服は蝶の夢を見る」★★★★★★★☆☆☆
Excerpt: ファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞(こうそく)で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった男の実話を映画化。原作は主人公のジャン=ドミニック・ボビー自身が20万回のま..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2008-07-29 04:51

潜水服は蝶の夢を見る−(映画:2008年53本目)−
Excerpt: 評価:88点 監督:ジュリアン・シュナーベル 出演:マチュー・アマルリック、マリー=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー 脳梗塞により左目だけが動かせるというロックドイン・..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2008-09-20 21:58

『潜水服は蝶の夢を見る』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「潜水服は蝶の夢を見る」□監督 ジュリアン・シュナーベル □原作 ジャン=ドミニック・ボービー □キャスト マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クロー..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2009-03-09 08:22

潜水服は蝶の夢を見る - Le scaphandre et le papillon -
Excerpt: 潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】 [DVD] 「潜水服は蝶の夢を見る - Le scaphandre et le papillon -」 感想 20万回の瞬きで自伝を綴った...
Weblog: むーびーふぁんたすてぃっく
Tracked: 2010-04-25 04:22
【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。