2005年10月31日

Happy Halloween! 『ユー・ガット・メール』

今日、10月31日はハロウィーン。
キリスト教の万聖節(聖人を記念する祝日)の前夜祭にあたり、
ケルトでは11月から新年の為、この日は大晦日にあたります。

アメリカでは子供達が仮装して、
"Trick or treat." (お菓子くれなきゃ、いたずらするよ)と
言いながら、カボチャのランタン(Jack o'-lantern )に
火が灯っている家々をまわる楽しい行事。

子供が小さい頃、通っていた英会話スクールで
ハロウィーン・パーティーがあり、バットマンのマスクを作りました。
布や皮製ではなく、色画用紙(黒)ですが、立体的でちゃんとかぶれます。
幼い頃、弟にタイガーマスク(年がバレバレ)を
作ってあげたかったのに、お面になってしまった過去を持つ私にしては、
かなりの出来だったかも???

この季節、N.Y.の美しい秋から冬を舞台にした
ユー・ガット・メール 』が観たくなります。
トム・ハンクス、メグ・ライアン主演、
ノーラ・エフロン監督のラブ・コメディー。
 
 母の代からの小さな書店の店主キャスリーンと
 ディウカウントが売りの大型書店の経営者一族のジョー。
 商売敵で共通点などないような2人なのに、
 実はメールで、誰とはわからず、心通わす相手。
 とうとう、お互い会うことを決心するのだが・・・。

ハロウィーンそのもののシーンはありませんが、
ストリートで行われている「秋祭り」で
ハロウィーンの伝統的な遊び< Bobbing for apple >を見つけました。
水をはったタライに浮かぶリンゴを口でくわえて取るゲーム。

感謝祭のパーティー、クリスマスのディスプレイなど
素敵なシーンと会話が盛りだくさん。
何回も観たくなる映画です。




posted by *タンタン at 23:39| Comment(2) | TrackBack(1) | * シネマ & Books * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。偶然ですね。この作品のレビューを書いたばかりです♪
>この季節、N.Y.の美しい秋から冬を舞台にした『ユー・ガット・メール 』が観たくなります。
その気持ちとってもよくわかります!劇中チョコチョコと出てくるNYの都会的な景色もとても素敵ですが、特にラストの公園のシーンが良いですよね。そうそう、お店の飾りつけのエピソードも素敵でした。
Posted by クマ at 2005年11月02日 08:59
クマさん、こんばんは。
嬉しい偶然ですね♪

スターバックスでの人間観察、
キャスリーンおすすめの『高慢と偏見』を
ジョーが何とか読もうとしているシーン、
スーパーの店員さんとジョーのやりとり、
そしてラストの公園etc.

大好きなシーンがいっぱい。
何回観ても2人のしぐさに惹かれます。

キャスリーンの本屋は、N.Y.18th St.の
"Manhattan's Books of Wonder in Chelsea"
を基にしたもので、メグは役作りの為、
この本屋さんで1日お仕事をしたとか。
映画での飾り付けが今でも見られるそうですよ。
(The Internet Movie Database) 参照
あの小さな本屋さん、素敵ですよね♪ 




Posted by *タンタン at 2005年11月03日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

モデム音が懐かしい 『ユー・ガット・メール』
Excerpt: 本日の映画:ユー・ガット・メール  亡き母から受け継いだ街角の本屋を営むキャスリーン・ケリー。彼女は最近ハンドルネーム"NY152"と名乗るメール友達とメールの交換を楽しんでいる。そんなある日、彼女の..
Weblog: 毎日が映画日和
Tracked: 2005-11-02 08:58
【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。