2007年12月30日

「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン」

オダギリジョー、結婚!
びっくりしました。
なんとなく彼と結婚が結びつかなくて。。。

そして、松たかこ、麻生久美子、と結婚話が続き
今年最後の映画は「東京タワー」にしようと思いました。

先に原作を読んでいました。



<親の死>というテーマでベストセラー。
ちょっと引いていたのですが、夫が借りてきたので
手にとってみると、オカンの不思議な魅力に引き込まれながらも
どこか自分の経験と重なるところもあって、
一気に読んでしまいました。
淡々とした文章なので、さらっと読んでいくと
行間にきて想いが胸の真ん中にすとんと落ちてきて
目の前の文字がかすんで見えなくなる。
それでいて、あたたかい気持ちが残る本でした。

読んでから「おでんくん」を知り、リリー・フランキーを知りました。
いくつもドラマ化されていましたが、ホームドラマになって
しまうのが嫌で見ませんでした。



樹木希林とオダギリジョーのポスターを見て、これだけを見ようと。
リリー・フランキーの話ではなく、
「ボク」の物語として見たかったのでこの画は魅かれました。

子供のために一生懸命働くオカン。
ボクが大学を卒業できない、と聞き
「な〜んで、がんばれんかったとかね・・・」と
何回もつぶやくオカン。
責めるでもなく、叱るでもなく、ありのままを受け入れて、
さっさと気持ち切り替えて、もうちょっとがんばるから、
ちゃんと卒業しなさい、と電話するオカン。
こんな人だから、オトンとも続いていたのでしょうね。
普通は、一緒に暮らさなければ別れよう、みたいに
白黒つけたくなるはずなのに。
そのまんまを受け入れて、久しぶりに会うオトンのために
おしゃれをして待つ人。
故郷を離れ、慣れない東京暮らしの中でも
ボクの友達にご飯を作り、慕われていく人。
樹木希林の味のあるオカン、よかったです。
オダギリジョーもいいかげんでいて、優しくて
繊細なボクがぴったりでした。

ただ彼女役はちょっと違うかな。
松たかこは、好きな女優さんなのですが、強すぎる感じ。
ちょうど麻生久美子がイメージだったのですが。。。

大げさなドラマはないので本を読んでない人には
ちょっと物足りないかもしれませんが、
色も音楽も控えめでポスターのイメージ通り、
とても好きな画でした。

どんな人にも母がいて、必ずやってくる別れ。
親子って近すぎたり、甘えがあったり難しいけど、
娘として、また母として、時々でも大切な思いを
素直に伝えていけたらと思いました。



posted by *タンタン at 02:13| Comment(2) | TrackBack(4) | * シネマ & Books * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
TB&コメントありがとうございました!
私も原作を先に読んでいました。
誰の心にもストンと落ちる物を持った原作ですよね。
これがお涙頂戴の映画になっていたらどうしようと心配していたのですが、淡々としていてとても心に沁みる作品になっていました。
オダギリジョーのボクもとても良かったと思います(贔屓目かしら〜?)

今年も押し迫りましたが、また来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を!
Posted by ミチ at 2007年12月30日 23:25
ミチさん、こんばんは★
TB、そしてコメントまでありがとうございます。

オダギリジョーのボク、
自分のだらしなさを恥じながら、
母を想う姿が嫌みなく演じられていて、
よかったですよね。

樹木希林とのコンビも絶妙。
「なんでがんばれんかったとかね〜」と
電話口でオカンに言われ、
「ごめん。。。」とつぶやくシーン。
妙にリアルでした。

ミチさんの豊富な記事を拝見すると
どんどんいい映画をみたくなります^^
また、来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を♪




Posted by *タンタン at 2007年12月31日 01:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75401045

この記事へのトラックバック

映画 【東京タワー オカンとボクと、時々、オトン】
Excerpt: 試写会にて「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 リリー・フランキーの大ベストセラーとなった同名小説の映画化。 この映画を「泣ける」と思って見に来る人はある意味肩透かしを食うかもしれない。こ..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2007-12-30 23:19

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン・・・・・評価額1700円
Excerpt: 私は元々リリー・フランキーのイラストや文章はそれほど好きではないので、200万部の大ベストセラーとなった本作の原作も読んでいないし、テレビドラマも観逃している。 さすがにこ...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2008-01-01 01:13

映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」
Excerpt: 親ってそうなんだよね・・なんの楽しみがあったのだろう、なんのために生きてきたのだろう、人生って一体なんだったのだろう、ただ子供のために生きて死ぬ・・ ボク(オダギリジョー)が幼い頃、..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-01-29 00:35

東京タワー(感想122作目)&疾風伝&メイド刑事
Excerpt: 東京タワー オカンとボクと、時々オトンは映画Ch鑑賞で 結論はドラマSP大泉&映画オダギリ&連ドラ速水の順番だ 内容は主人公が病気のオカンと酒飲みのオトンとの親子で 主人公が3歳から大学に..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2009-07-11 14:44
【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。