2005年08月27日

L.A.ホームスティ:10   + その後 +

帰国した時、逆ホームシックになったほど楽しかったホームスティ。
その後もホストとはグリーティング・カードのやりとりが続きました。
ツアー仲間では手紙を出しても返事が来ない、という人が多かったが、
私のMomは元学校の先生。筆まめな方だったのでしょう。

まだ、メールがなかったので、
私の結婚、長男、双子の出産、と写真を添えて手紙を送りました。


そして数年後の夏、カードの宛名の字が見慣れたMomのおおらかな
筆記体ではなく小さな字になって届きました。
胸騒ぎがして丁寧に封を切ると
そこには、初めて見るDadの細かい字が・・・。

Momが癌であることを知りました。
人生の最期を病院ではなく、家で過ごす選択をしたお二人の姿が
目に浮かびました。
Dad一人ではなく、看護士やボランティアの人たちに
支えられていること、Momはベッドにいても"great spirit &
sense of humor を持ち続けている"と書かれていました。

次のクリスマスカードでMomが11月に亡くなったことを
知りました。
12月のお二人の誕生日に毎年花を送っていたのですが、
「今年は1人で受け取った」とのDadの手紙に深い悲しみを
感じました。

そして4月、見知らぬ女性から手紙が届きました。

お二人の娘さんからでした。
DadもMomの後を追うように亡くなったと知らせてくれたのです。
娘さんとは一度もお会いしたことがなかったのですが、
「両親があなたの事をとても気に入っていたから」と
わざわざAir Mailをくれたのでした。

いつもハミングして暖かい笑顔のDad
ゆっくり私の話を受け止めてくれたMom
センスのよいインテリアの居心地のいい家
お二人、手をつないで歩いていた姿が昨日の事のように
鮮明に思い出されました。

深い悲しみがこみあげてくると同時に
こんな素敵な家族と出会えたことに胸がいっぱいになりました。

posted by *タンタン at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | + L.A.ホームスティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。