2007年09月30日

『フラガール』

公式HP

「常磐ハワイアンセンター」
(現:スパリゾートハワイアンズ)
その名前は、横浜に住んでいた小さい頃から
なぜか知っていました。
幅広く宣伝をしていたのでしょうか?

1ドル300円代の昭和40年。
ハワイは遠く、憧れの土地。
でもどうして東北にハワイ?って思っていました。

そんな突飛な発想に本気で熱く取り組んだ人たちの物語。





  炭坑を閉山し、ハワイを作る会社の計画に炭坑で働いてきた
  親世代は大反対。
  ハワイセンターの吉本部長(岸部一徳)は、東京から本場
  ハワイでフラダンスを習い、SKD(松竹歌劇団)で
  踊っていたダンサー(松雪泰子)を先生として迎えるが、
  フラガール募集に集まったのは
  踊りとはまったく無縁の4人のみ・・・。

危険と隣合わせの炭坑。
こつこつと汗を流すことが仕事だと思って、
誇りを持って続けてきた親世代。
世間の流れを敏感に感じ取って、自分の道を開きたい娘たち。
昭和〜平成と消えていった職業の数々をふと考えました。

いろいろと抱えながら1人で生きているまどか先生の
松雪泰子がカッコイイ。
洗練された服を身にまとい、プライドだけを武器にして
田舎を馬鹿にし、このいわき行きで落ちぶれていくかと
思いきや、生徒と次第に心通わせ、どんどんイイ女に
なっていきます。

お約束通りの展開でも引き込まれるのは
何よりフラダンス&タヒチアンダンスシーン。
美しいです。

もともと神様に捧げるフラダンスは、ひとつひとつの動作に
意味があるのですね。
手話のようでもあり、思いを優雅な動きで表しています。

その優雅さを支えるためにどんな努力があるのか、
各女優さんが身をもって体験されているので
その真剣さが伝わってきます。
(あのシズちゃんも踊ってる!!!)

1人練習するシーン、思いを伝えるシーン、
デビューのダンスetc.
蒼井優は、「花とアリス」のバレエシーンが印象的でしたが
このフラダンスも素晴らしいです。

クドカン脚本作品でよく見るハイテンションな女優さん
池津祥子が、子持ちのフラダンサーとして、普通の人で出ています。
 マンハッタンラブストーリーの「赤いトレーナーの女」
 池袋ウェストゲートパークの「ジェシー」



炭坑もの映画にハズレなし、と思っているのですが
おすすめはこちら ↓






posted by *タンタン at 03:40| Comment(0) | TrackBack(4) | * シネマ & Books * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『フラガール』
Excerpt: ※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「まいったな。 まさか、李相日監督の映画で涙が出るとは思わなかった」 ----『69 sixt..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2007-09-30 10:23

フラガール
Excerpt: 感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-09-30 10:58

【 タヒチアンダンス 】について最新のブログの口コミをまとめると
Excerpt: タヒチアンダンスに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
Weblog: プレサーチ
Tracked: 2007-10-01 03:35

フラガール
Excerpt: 昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いた感動ドラマ。 時代の波で閉鎖に追い込まれた、とある炭坑の村..
Weblog: to Heart
Tracked: 2007-10-14 13:26
【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。