2006年08月25日

真夏の夜のリンチ・ワールド『マルホランド・ドライブ』




『キングコング』を観てから気になっていたナオミ・ワッツの
出世作『マルホランド・ドライブ』/2001年
監督はあの『ツイン・ピークス』のデヴィッド・リンチ。

《 Story 》
  ハリウッドを見下ろすハイウェイ「マルホランド・ドライブ」。
  坂を降りて行く車が事故を起こすが、一人助かった黒髪の女
  (ローラ・ エレナ・ハリング)は、運良く留守の高級アパートに
  身を隠す。
  そこは、田舎から女優を夢見てハリウッドにやってきたベティ
  (ナオミ・ワッツ)が叔母から借りている家だった。
  叔母の友人だと思い、親切に接するベティ。
  が、リタと名乗った彼女は実は記憶喪失で、自分が何者かもわからず、
  なぜここにいるのかもわからない。
  リタの記憶を取り戻そうと積極的に調べようとするベティだが・・・。


冒頭、車のフロントガラス越しに下っていく坂道の映像に
あのアンジェロ・パダラメンティの音楽が!
もうこのオープニングで『ツイン・ピークス』にはまっていた頃を
思い出しゾクゾク。

次々出てくる不思議なキャラ。
飛行機で出会う妙な笑顔の老夫婦、赤いカーテンの部屋の小人、
突如表れるカウボーイ、etc. ツイン・ピークス好きにはワクワクです。

なんだか見てはいけないとわかっていながら
目をそらせないような居心地の悪さとでもいうのでしょうか。
ドキドキ・バクバクするような恐怖ではなく、
背筋が冷たくなるような怖さでもなく、
訳のわからない不安に包まれ,
妄想なんだか、現実なんだかわからない展開に迷う。
すべてに意味があるようで、どんどんねじれていく世界に
引きづりこまれる違和感と快感。

いろいろな解釈があると思いますが、あまり予備知識をいれずに
リンチ・ワールドにどっぷり浸ることをおすすめします。

それにしても、ナオミ・ワッツ、
お人形さんのように綺麗なだけではないです。
幸せな表情から一転、嫉妬にもえる感情を
目の奥で表現していて鳥肌ものです。


リンチ・ワールドにはまったら、ぜひ↓


posted by *タンタン at 22:55| Comment(0) | TrackBack(1) | * シネマ & Books * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『マルホランド・ドライブ』
Excerpt: 真夜中のマルホランド・ドライブで起きた交通事故。一命は取り留めたものの一切の記憶を失った女は、たまたま女が忍び込みんだアパートの借り主の女とともに自分の過去を調べ始めるが…。 『ツイン・ピークス』で..
Weblog: 毎日が映画日和
Tracked: 2006-08-30 16:15
【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。