2011年01月09日

『ベルヴィル・ランデブー』Les Triplettes de Belleville 

シルヴァン・ショメ監督 2002年



フランスのアニメーション作品。
大好きなこの作品、また観てみました。

 戦後間もないフランス。
 小さな家に住むおばあちゃんと孫の男の子。
 いつも寂しげな孫のためにおばあちゃんはいろいろなものを
 プレゼントします。
 小犬も家族の一員となりますが、彼がたったひとつ喜んだのは自転車。
 大きくなって、ツールド・フランスの選手になるのですが、、、

極端にデフォルメされたキャラクター、
奥行きのある美しい背景、
あたたかみのある色、
そしてオープニングから一度聞いたら忘れられない
ジプシー・スウィングの音楽!

ジプシー・スウィングはジャンゴ・ラインハルトが作りあげた音楽。
初めて見たときは、知らなかったのですが
映画『ショコラ』でジョニー・デップが弾いていた
「Minor Swing」がかっこよくて、調べてみてジャンゴ・ラインハルトの
名を覚えました。

初めて見た時は、小学生だった次男。
一緒に見始めたのに絵が気持ち悪いと、その時は早々と退散してしまいましたが、
中3になった今回、面白かった〜と楽しめたようです。
劇中ジャンゴを思わせるギタリストが演奏しているシーンが出てくるのですが、
最近ギターに目覚めた次男が
ジャンゴはやけどのため左手の小指,薬指が動かなくなり、
3本の指で演奏していたんだよ、と教えてくれました。

どうみてもバランスの悪い船、嵐の海、摩天楼の俯瞰、焚き火のゆらめく光、
その脚の細さで走れるのっていう犬 etc.
シュールな笑いのセンス。

主役のおあばあちゃんのたくましさ。
若くて人気だった三つ子のシンガーのその後。
汚いアパートに住んでいて主食は◯◯◯!
でも、とっても仲良く楽しそうに暮らしていて、
後半の大冒険にもこの人たちなら、と納得の大活躍が嬉しい♪
何回みてもこの独特の世界観、想像力は素晴らしいです。

で、どうして観たくなったかというと
お正月に帰省していた大学生の長男が
ショメ監督の新作『ザ・イリュージョニスト <奇術師> / The Illusionist』
もうすぐ公開だと教えてくれたんです♪
ベルヴィルの部屋にもジャック・タチのポスターが
さりげなく登場していたのですが、
新作はそのタチの脚本だそうで、早く観たい〜!

予告編↓



ベルヴィルで音楽担当のBen Charest
フランス語で内容はわからないけど、かっこいい↓





posted by *タンタン at 03:15| Comment(1) | TrackBack(1) | * シネマ & Books * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバック、ありがとうございました。
僕もショメ監督の新作が公開されるという話を聞いた時、CouchCinemaさんと同じようにこの映画をついまた観てしまいました(^^

新作、早く観てみたいですね♪
Posted by kiyotayoki at 2011年01月10日 09:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

シルヴァン・ショメ監督の新作アニメ
Excerpt: la-pandaさんに教えていただいたのだけど、 『ベルヴィル・ランデブー』(2002)のシルヴァン・ショメ監督の新作が来春公開されるそうだ。 (以前、『ベルヴィル・ランデブー』のことを教えてくれ..
Weblog: 映画の心理プロファイル
Tracked: 2011-01-10 09:56
【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。