2009年02月15日

『チェ 39歳別れの手紙』



キューバ革命の成功から約10年後、
ゲバラはキューバでは大臣になり、工業化をすすめ、キューバ革命時に出会った
アレイダと結婚し4人の子供もいたのに、全てを捨ててボリビアの山奥に向かいます。
自分の助けが必要な所ならどこへでも行く、と。

今回は結末がわかっているだけに見るのが辛かったです。
だんだんと追いつめられ、頼みの共産党の支持も得られず
農民からは裏切られ。。。。

でも、喘息が悪化し、苦しんでいてもきちんと話を聞き、
農民に対しても礼儀をもって接する姿はかわりません。

これを観ているとキューバ革命が成功したのは、すべてのことが
うまくいった奇跡的なことのように思われます。
やはりカストロという情報操作にもたけ、政治的指導者がいて、
また仲間にも恵まれていたからこそ成し遂げられたのでしょう。

チェのように志を持って革命に身を投じるためにはかなりの教養が必要です。
あのボリビアの山奥の農民たちは、病気になっても病院にもいけず
子供達を学校に通わせることもできないのですが、自分たちの未来のための
革命と言っても理解はできなかったのではないかと。彼らにとっては政府軍も
解放軍も同じに見え、恐怖によって支配した政府軍についてしまっても
仕方がないように思います。

途中、 解放運動の国際的支援網を組織するようバートランド・ラッセルや
ジャン=ポール・サルトルに頼むシーンがありましたが、チェほどの教養と
情熱があるなら、教育や思想で世界を変えて欲しかったです。
でも、いつも弱き人とともにいた彼には行動しかなかったのでしょう。
また、こんな風に思うのは平和な日本に住んでいるからかも、とも思いました。

* * * * * * * * * *

映画には説明がありませんでしたが、チェの遺体の埋葬場所はボリビア政府により
長らく秘密だったそうです。が、埋葬した関係者の一人が歳をとり、このまま黙って
いればチェの埋葬場所が永遠にわからなくなる、と公表。ちょうど没後30年。
ボリビア政府も協力し、遺骨は発掘されました。
今はキューバのサンタクララにお墓があるそうです。

『モーター・サイクル・ダイアリーズ』『チェ』の2作のおかげで
今まで持っていた共産主義、革命のイメージが変わり、ゲバラやキューバにも
興味が湧いてきました。

* * * * * * * * *

まったくテイストは違うけれど、次はコレを観てみたい↓

『ぜんぶ、フィデルのせい』


posted by *タンタン at 19:05| Comment(2) | TrackBack(12) | * シネマ & Books * | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪
TBありがとうございました!
私もチェに俄然興味がわいてきていろんな書籍に手を出しています。
「全部フィデルのせい」も面白かったですよ。
フィデルがカストロを指すってことは「チェ」二部作のおかげで良く分かりますよね〜。
Posted by ミチ at 2009年02月16日 21:20
ミチさん、こんばんは♪
本当にこの2作のおかげで、ゲバラだけでなく、キューバのことも
知りたくなりました。
そうそう、フィデル・カストロが引退して弟ラウルに国家評議会議長に、
などという記事も今頃、興味を持ったりして。。

「ぜんぶ、フィデルのせい」ミチさんは映画館でご覧になっているのですね。
近所のレンタル屋にはなかったので
週末別のところで探してみます♪
Posted by *タンタン at 2009年02月17日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「チェ 39歳 別れの手紙」
Excerpt: 原題:Guerilla (aka Che Part 2) キューバ革命、1959年成し遂げられたその成功は、彼にとって旅の途中の通過点に過ぎなかった〜彼の心の奥底に何が渦巻いていていたのか落日の物語..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2009-02-15 21:04

『チェ 39歳別れの手紙』を観たぞ〜!
Excerpt: 『チェ 39歳別れの手紙』を観ました『トラフィック』のスティーヴン・ソダーバーグ監督とベニチオ・デル・トロが再びタッグを組み、伝説の革命家エルネスト・“チェ”・ゲバラの人物像とその半生に迫る伝記ドラマ..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2009-02-15 22:46

[映画『チェ 39歳 別れの手紙』を観た]
Excerpt: ☆ケレンはないし、けしてドラマチックに描いた作品でないことは、『チェ 28歳の革命』(クリック!)を既に観ていたので分かっていた。  故に、どうにも先ず観るロードショー作品は娯楽作優先になり、『チェ..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
Tracked: 2009-02-15 23:03

チェ 39歳 別れの手紙/CHE PART2
Excerpt: 先週公開の映画の中で、最後に残った「チェ 39歳 別れの手紙」。 月曜日に、溜まっていたポイントで観てきました。 「UCとしまえん」は、平日だと普通なのかな。 「チェ 39歳 別れの手紙」は、中くら..
Weblog: いい加減社長の映画日記
Tracked: 2009-02-16 04:56

「チェ 39歳 別れの手紙」みた。
Excerpt: 「チェと共に革命を体験すること」に徹底的にこだわったソダーバーグ監督というが、どちらかといえば、PART2である『39歳別れの手紙』のほうが、より「チェ・ゲバラ、革命の旅」の追体験であり、また、未だに..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2009-02-16 17:58

辛過ぎる後編。『チェ 39歳 別れの手紙』
Excerpt: 伝説のカリスマ的革命家チェ・ゲバラを描いた歴史ドラマ2部作の後編です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2009-02-16 20:03

映画 【チェ 39歳別れの手紙】
Excerpt: 映画館にて「チェ 39歳別れの手紙」 チェ・ゲバラを描いた歴史ドラマ二部作の後編。 おはなし:1959年にキューバ革命に成功した後、国際的な名声を得たチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)。しかし、..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2009-02-16 21:18

チェ 39歳別れの手紙
Excerpt: キューバ革命を成してのち姿を消したゲバラについてごまかし切れなくなったカストロが彼の「別れの手紙」を読み上げるところから 映画は始まる。最初の方は状況がつかみにくかった「28歳」に比べ仕掛けがないぞ切..
Weblog: Sweetパラダイス
Tracked: 2009-02-16 22:43

「チェ 39歳 別れの手紙」そして彼は、“英雄”になった。
Excerpt: [チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード  『2009年は、「チェ」と「チェ」で始まる…』という予告編でもお馴染み、“2つのチェ”の2つ目、前作「チェ 28歳の革命」に続く2部作の終章。「チェ 39歳 ..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2009-02-18 01:54

【映画】チェ 39歳 別れの手紙
Excerpt: ▼動機 チェ・ゲバラを知りたかった ▼感想 チェ・ゲバラに対して欲が出てきた気がする ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1959年にキューバ革命に成功した後、国際的な名..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2009-02-20 21:08

映画:チェ 39歳 別れの手紙
Excerpt:  チェ 28歳の革命を観て20分後にその続編である“チェ 39歳 別れの手紙”を観ました。そう、今回の試写会は一気見試写会なんです。(共通公式ホームページはこちら。)
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2009-02-21 09:39

映画『チェ39歳別れの手紙』を観て
Excerpt: 9-12.チェ39歳別れの手紙■原題:ChePart2:Guerrilla■製作年・国:2008年、スペイン・フランス・アメリカ■上映時間:133分■字幕:石田泰子■鑑賞日:2月8日、バウスシアター(..
Weblog: KINTYRE’SDIARY
Tracked: 2009-11-15 22:23
【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。